So-net無料ブログ作成

危機管理 [暮らす]

IMG_0079.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

新しい眼鏡 [暮らす]

R0017630.JPG

「、、、(中略)、、子供の行動の抑止力になった、親の存在。
子の自我が目覚めてくると、これは行動の促進力の邪魔になった。
反抗期、虎視眈々と考えていたのは「ここからどう逃げ出すか」。
やがて、無事に親から逃れた子供は大人になり、親は老人になり、
法の下の親子関係だけが残った、、、だったらよかったが
”情”がついてまわっている。この穢れは洗っても洗っても落ちない」
-「屋根より高い鯉のぼり」/1966年 マーガレット・ソファー著

nice!(0)  コメント(0) 

のん気なモンステラ [暮らす]

IMG_0070.JPG

桜が恋しくなった。
花屋の桜は一枝1000円もする。
買う桜の風情のなさよ!と外人風に大げさに感嘆し、買うのはやめた。
青空に山に湿った南風の中に、町中にどこにでもあるあの桜、
両手で目を塞いだとしても、指の隙間から視野にはいりこむ桜、、、。
原風景は活けようがない。今日も目の前には徒長ぎみのモンステラがある。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

最近のふわふわ [暮らす]

R0017570.JPG

17歳の老猫、ジョイちゃんは誰よりも元気。
nice!(0)  コメント(0) 

好きなものの話 [暮らす]

R0017562.JPG

まず手の込んだ料理をしなくなった。
厨房職もやめた。美容院にも行かなくなった。収集癖もなくなった。
かわりに日本のテレビ番組をyoutubeで24時間観るようになった。漫才は
和牛の「花火大会」と中川家の「いくよくるよ」を何遍も観た。
ごっつのコント「兄貴」と「とかげのおっさん」に古さは感じられず、
BSスカパー「BAZOOKA!!」、「ダラケ!」にはどっぷりはまった。
「月曜から夜ふかし」を観ながら眠りにつく幸せ。

「プレバト!!」の俳句コーナーが大好きでいつも季語とか韻とか考えている。
あらためて思う松尾芭蕉の名句の数々。誕生日プレゼントに剣山を選んでしまったのは
きっと生け花のカーリー先生のせいだろう。

画像の「太陽の塔」は置く先々に結界を張る。
アンソニーちゃんも「オーラ半端ないね!」とお気に入り。
あと10日もすればこの男と結婚して14年になる。
nice!(0)  コメント(0) 

ハロウィーンな美容室 [暮らす]

先週からハロウィーンディスプレイ。
マネキンにもセーターを着せました。

12141568_10153305800882568_5859429701317704461_n.jpg

骸骨にハサミを突き刺して遊んでいる、スタッフに不人気の1950年製の
人形はハロウィーン時期の数週間しかディスプレイに登場させないことを
条件に所有を許されています。2年まえに250円くらいで買ってきた
時の世間の冷たい視線!「妻はチャッキー(チャイルドプレイ)を
知らないから、、」と優しい夫がかばってくれたのはいい思い出です。

12118951_10153316331267568_4239227966610929973_n.jpg

80年代、通学路にはブライアン・セッツァー(Stray Cats)似の
かっこいいお兄さんが経営するロケットというネオ50'sグッズを扱うお店
があった。ショーウインドウのペパーミントグリーンとフラミンゴピンク、
それにいくつかの原色がディスプレイの参考になってはいるが、
私の中の「遠い昔のロケット」は「美化された思い出のロケット」として完成する。

記憶は恐ろしい。
でも思い出って素敵。
どんどん脚色されて私にはやましいことは何一つありません、
というふうになっていく。

free willは毎朝始まる。
nice!(0)  コメント(2) 

友達の犬 [暮らす]

6回も飼い主がかわった犬。
5回目の飼い主が私の仲の良い友達で、彼がデートのとき、
仕事のときは私たちが預かる。私たちも忙しい時は別の友人が
預かる。たまに夫と一緒に美容室に出勤することもある。まだほんの子犬の頃、
空き家に置き去りにされて2回目の飼い主に拾われてから、
ひとりぼっちになることはなくなった。里子の犬を皆で面倒みる。
モントリオールってこんなところ。
ドッグパークもあちこちにある。

12004916_10153268492647568_4137074095749684074_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

被災前のわたし [暮らす]

中東料理店で働いています。

12027495_10153267208037568_8918389048251458383_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

被災者として [暮らす]

11017703_10155244969350375_8722469216536032127_n.jpg

隣家から出火して125名もの消防士が出動する大火事の被害にあってしまった。
「なにもかも失ってしまった」と嘆くひまもなく、3月はじめの日曜日の夕方
から避難所生活がはじまった。避難所といっても半焼したアパートのすぐ近く、
バスルームが2つもある広い家具付きのアパートである。被災直後「鍵をとりにきなさい」と
大地主でもある知人からメッセージがきて、2ヶ月後の今もまだここで皆と
暮らしている。
nice!(0)  コメント(3) 

花のある暮らし [暮らす]

中華おこわをセイロで蒸して、お花見弁当。

10833869_10152544658607568_1001081578_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。